2007年09月17日

石野見幸さんTV出演(予定)情報! 



只今、東京で治療中にもかかわらず、9/2にはMICOPROのHPに元気そうなコメントを寄せてくれた石野さん!
そんな石野さんのTV出演情報のお知らせです!

放送予定
NHK総合テレビ おはよう日本祝日特集
9月24日(月) 朝 07:30〜07:55 全国放送
祝日特集「命ある限り“自分らしく”〜ジャズシンガー石野見幸〜(仮)」

前回はラジオ、今回はTV!

よ~し、忘れずVIDEO録画の用意だっ!

*見幸さんのHPに、ベーシスト鷲見さんからの書き込みがあり、そこで見幸さんの笑顔一杯の姿、御覧いただけますよ!

鷲見さんのBLOG

http://bassumi.blog74.fc2.com/blog-entry-97.html

石野さんのHP

http://mico3.com/

  


Posted by footstomp at 17:34Comments(0)

2007年09月17日

お知らせ。



お詫びとお知らせ

残暑厳しい折、皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、奈良は中南和エリアに向け、毎月1回、新聞折込/フリーペーパーという形態で発刊してまいりました、集合広告情報媒体・FOOT STOMP。
甚だ突然では御座いますが、諸般の事情により年内一杯休刊とさせていただくことと成りました。

復刊に際しましては、当然更なる反響を求めるべく紙面の大いなる刷新・リニューアルも検討、媒体のオプションに当たる仕掛けにも今まで以上の工夫を凝らし頑張る所存で御座います。
その節は、何卒ひとつ、改めてのご贔屓、くれぐれも宜敷くお願い申し上げる次第であります。

尚、通常のチラシ印刷・Web作製の注文業務などに関しては継続して行ってまいりますので、またご用命お待ちいたしております。

本当にご利用頂いて参りました「クライアント」様、並びにご声援頂いて参りました「読者」の皆様方には甚だご迷惑をお掛けする事とは相成りますが、何卒ご容赦・ご理解賜り、ご挨拶と代えさせていただきます。

P.S. BLOGに関しましては、以降も従来通り更新してゆきますので御覧下さいませ。


                              2007.9月 FOOT STOMP
  


Posted by footstomp at 17:20Comments(0)

2007年09月13日

ナンセンス!虐待は虐待!



動物愛護法違反、不起訴に=「ドッグぱーく」問題-広島地検

(時事通信社 - 09月13日 20:00)
 広島市佐伯区の「ひろしまドッグぱーく」で犬の多くが閉園後に衰弱した問題で、動物愛護法違反(虐待)容疑などで書類送検された動物プロダクション元代表(43)らについて、広島地検は13日、嫌疑不十分で不起訴とした。「故意でなく、虐待と認められない」としている。

 元代表らは、経営不振で閉園した後の昨年8月から9月にかけ、必要な餌や水を十分に与えず犬31匹を衰弱させたなどとして、先月13日に書類送検されていた。

[時事通信社]


兎に角、金になるとなれば何でもありの世の中!

ワシントン条約で輸出入禁止の生き物であろうが、どんどん密輸入しては売りさばき、また買った方も、額に汗して稼いだ(…かどうかは知らんが…。)身銭使って買うてんねんから後はどんな扱いしようが自分の勝手とばかりに、其の世話が面倒になったりしたら、バイバイとばかりにポイっと外へ放り出す~。生態系も糞も頭ん中には何も無しっと!
この間もありましたなぁ~。道路脇の溝で体長1mにも及ぶメガネカイマン(鰐)発見なる事件が。

仮にも、我々人間と同じく、この地球に生まれ落ちた命ある尊き生き物。
安易に商売にしすぎるんとちゃいますか?
この広島どっぐパークにしてもまたしかり。
故意とか故意でないとか言う以前に、こういうものが商売として成り立つ世のおかしさを先ずは糾弾すべきだし、また捨てられた犬の窮状を救う為といったポリシー/看板を掲げて運営して行く以上は、其の責務はきちんと全うすべき。
命を扱うのだから、最悪のシナリオも想定し、常に保険として、その先の受け皿も用意しておいてしかるべきではないのでしょうか?

この判決はおかしい。
此れが、以後裁判の場で判例として罷り通るなら、第二、第三の同様の事件は必ずや又起こる筈!

間違いなく此れは虐待、広島どっくパーク含め、金の持つ万能感に溺れたアホな人間たち総てが犯した、醜くも嫌らしき虐待です。


  


Posted by footstomp at 22:13Comments(0)

2007年09月12日

安倍首相辞任。



安倍首相辞任表明(YouTube)

http://jp.youtube.com/watch?v=2CMkd0sOeuQ


自民党総裁選告示は14日、投開票は19日(23日に訂正)。

9/22には新総理が国連総会に参加するとのこと…。

本日午後2時、ときに目をウルウル涙でにじませての、安倍晋三総理大臣、突然の辞任表明。

良しにつけ悪しきにつけ、強烈なキャラで暴れまくった小泉首相の後を受けて、「美しい国づくり」「戦後レジームからの脱却」「拉致問題の解決」をスローガンに掲げ、初の戦後生まれの若い総理(第90代)ということから、国民の大いなる期待を集めながらも、格差社会や年金問題、また次から次へと沸いて出てくる自分が選んだ閣僚達のスキャンダルに足元をすくわれ、とうとうこの時期にリタイアしてしまった安倍総理。

「無責任!」「やっぱりぼんぼん、ボクちゃん!」等の批判の矢が与野党内や一般市民の間から飛び、まさに同情する者もいない四面楚歌の状況の中、彼は政界の桧舞台から去ってゆく訳ではあるが、はたさて、その真の胸の内なる想いとは一体如何なるものであるのだろうか?

何れにせよ、私はこれで、折角の「拉致問題」が変に棚上げとなったり、やる気満々で動き回り、正に此れからが本番であった筈の舛添厚生労働大臣の活躍が拝めなくなったりするのは胸糞悪いので、是非、次期首相(アキバ系に人気の麻生太郎さんか?韓国は2国間の関係が冷え込むと早くも牽制してるけど。骨がありそうだからいいかも~。すぐに手を上げて、総裁選に意欲を見せてる谷垣さんよりはねぇ…。)には其のあたりの引継ぎはくれぐれもヨロシクお願いしたく思う。

今日一日、いや暫くは安倍さんの辞任による政局の混迷・混乱を報じる内容が、毎日のニュースのTOPを飾る事となるだろうね~。

お粗末。
  


Posted by footstomp at 19:24Comments(0)

2007年09月10日

シカゴプードル・インタビュー

タワーレコード橿原店:インストアライブ

来る9/16(日)私がFM81.4(西大和・奈良は北葛城郡・王寺/三郷にあるコミュニティFM局)でやっている放送に、インタビュー・ゲストとして「シカゴ・プードル」さんが登場!

直筆サイン色紙2名様、抽選でのプレゼントもあり!

是非、聴いてくださいね!

(聴けない方はこのブログ御覧あれ!)

で、以下其の全貌…ですっ!




9/2(日)~
本日もタワーレコード橿原店主催ということで、ダイヤモンドシティ・アルル1Fにあります、サンシャインコート・特設ステージにおきまして、恒例のインストア・ライブが開催の運びとなり、今回其のステ-ジに颯爽とご登場されましたのは(この番組には何と2度目)素敵なマキシシングル「愛燦燦」を8/22にリリースされましたシカゴプードルさんであります。

今回もまたまた1回目のステージを終えたところで、お時間の方を頂戴致しまして、最近の活動、並びに、3ndminiアルバム「風街序曲(プレリュ-ド)」に引き続き、この夏のキラーチューンということで8/22に発売となりました注目のマキシシングル「愛燦燦」に関して色々とお伺いさせていただきたく思います!

~お疲れのところ、どうも恐縮です。
それでは、先ずはメンバーの皆さん、花沢さん、山口さん、辻本さんのほうからラジオの前のリスナーに向けて、ご挨拶方々、お声を聞かせていただきたいと思うのですが~

メンバー全員:わかりました!
花沢さん(以下H):みなぁさ~ん、元気ですか!シカゴ・プードル、ピアノ&ヴォーカル花沢で~すっ!よろしくお願いしまぁ~すっ~!!(全員・笑!)

山口さん(以下Y):ナラ大好き!ドラムの山口です。


・因みにこの日は、ステージでの音の加減もあり、山口さん、ドラムでは無く「カホーン」を叩いてらっしゃいました。私、勉強不足ではじめ‘コンガ?’と尋ねたり、「カホーン」を‘カフーン’といって失笑買ったりと粗相の連発でした!シュン。

辻本さん(以下T):京都の宇治に住んでいるので奈良はとっても近い感じがしています。
ベースの辻本です。よろしくお願いします。


~有難う御座います。本日も沢山のオーディエンスというか、ショッピングモールの1Fにある特設ステージですから、ファンの方々のみならず、老若男女、年配の方から赤ちゃんまで幅広い世代の方々が足を止めシカゴプードルさんの演奏に耳を傾け、其の姿をご覧にになっていたわけですが、単純にホールとかライブハウスでのGIGと比べて、こういう場所でするというのは、若干勝手が違ったりというのはあります?~

(H):そうですね。ライブハウスというのはファン(観客)の層が限られてくるので。
年配の方なんかは若干ライブハウスへは来にくいでしょう。
だけど、こういうインストアライブというのは普通に買い物してる老若男女と先ほど言ったはりましたけど、それこそ子連れのファミリーとかで今日とかやったら一杯きてたりとかね。


(T):よくステージの前とかちっちゃい子とかが奔り回ってたりとか…。
ステージから見てても微笑ましい限りでね。




~で、今回私、改めてシカゴプードルさんのステージ、目の当たりにしたんですけど、前回以上に皆さんMCが上手くなったようにお見受けしたんですけど~

メンバー全員:(笑・どよめきながら)有難う御座います!

(T):成長したと!(笑)

(H):だいぶねぇ~。叩き上げられましたぁ~。(笑)


~なるほど。(笑)
で、話は変わりますけども、先月の22日に、またまたシカプーさんの新たな魅力満載のニューマキシ「愛燦燦」が発売されたわけですか。当然、本日のインストアでもその楽曲の数々披露されていましたが。今回は夏をテーマに据えてというコンセプチャルな内容となっていて、それぞれの楽曲が、男女の揺れる心模様をベースにしながらも、夏の一場面を切り取るが如く、たとえば、「愛燦燦」=太陽。「線香花火」=夏といった具合に、それぞれにキーワードが設けられ、それを軸に曲は展開してゆくわけですが、今回敢えてこういったコンセプチャルな作りにしようと思った其の動機というのは?~

(H):そうすね。シカゴプードルは結構冬の曲というのは作ってたんですけど、夏の曲ってなかったんですよ。
それが一番はじめ(の動機)で…。
とりあえず夏の曲作ろやと言うことで、僕等メンバーで話進めて、そん中で夏の曲って何やろなぁ~と、メンバーで一人ひとり意見出し合ったら、ゾクゾクする様なBEATが効いててというか、ラテン・フレーヴァーの「愛燦燦」が1曲先ずは出来てきて、其のイメージは何か太陽の感じというかね。
で、2曲目の「線香花火」なんかは、僕等京都出身のバンドで、京都っていったら夏場とか到る所に、日本の夏の風物詩を象徴するようなものがあって、自ずと触れ合う機会も多く、そんな雰囲気を内包してる曲も書いてみようかと。
さらに、3曲目のブルームーンっていうのは、8月の終わりから9月にかけ、これからの時期、月が一番綺麗に見えるというかね。
で、(これらの作品を集めて)夏の終わりに出したら面白い作品になるんじゃないかなということで、僕等今回「愛燦燦」をリリースした訳です。


~最後の「流星Ⅱ」、1stの曲をリメイクしたそうですが…。他のFM局さんとこの曲でコラボしたとの話も聴きましたが~

(H):そうですね!7/7・七夕に、一番色んな各地方で星の見える場所というのを募集したんですよ。その際FM局さんに7/7・七夕の日にご協力頂いて曲を流していただいたりとかしてコラボしたんですよ。
敢えて、流星をリアレンジして「愛燦燦」に収録したのは、1st出してからファンの間で人気があって、僕らもライブでかなりの数こなしてるんですけど。
で、今回、流星をリアレンジしたら面白いんちゃうかなぁっていう気持ちと、FMさんとのコラボの話などが相俟って今回このCDのラストを飾ることとなったんです。




~どの楽曲も、恋愛の只中にある若い世代のみならず、年配の我々にとっても何かノスタルジックな気分にさせてくれる要素が、其の歌詞・其の旋律の中のここかしこにあって、更に幅広い世代にアピールし、新たなファンを獲得する強力な武器として、人々の間に浸透していくこと請け合いと断然思いますね。
で、気が早いですけど、次なる展開みたいなものはもうご用意されてますか?構想でも結構ですけど。話せる範囲でOKなんで、聞かせていただけますか。~

(Y):そうですね。一旦ツアーが終わったら、楽曲創りに入るということになっていて。
兎に角、僕等はより多くの楽曲(作品)を作っては沢山CDをリリースしてゆく姿勢は変えるつもりはないんで。


~で、以降ですがライブ等のご予定、特に京阪神圏というところであればお教えいただきたいんですが~

(T):9/8に大阪南堀江ライブハウスknave( ネイブ)で。(御免なさい、既に終了!)
その後、9/18に心斎橋ミューズホールでライブします!
大阪・京都でははっきり決まってはいませんが、秋以降もちょくちょくライブをしますんで、また僕らのHPに来ていただいたらスケジュール載せてますんで。
遊びに来てください!


~秋の学園祭とかは?~

(H):それもHPで確認してくださいね。

http://www.chicagopoodle.jp/



~最期に、メンバーの皆さんから、このラジオお聴きのファン並びにリスナーに向けてメッセージを頂戴したいと思うのですが~

(T):ではベースの辻本から。
また奈良でライブやりたいなぁ~と思ってますんで。其のときは是非遊びに来てください。

(Y):橿原(アルル)では、もう何度も演らしてもらってるですけど、ライブハウスでは未だやったことがないんで!是非ライブハウスにも出演したいと思っています。

(H):シカゴープードルには過去の作品も沢山在るので、それを聴いて、ライブする際には是非是非シカゴプードル見に来てください。
ヨロシクお願いいたします。


~有難う御座いました!
今後のご活躍お祈りしております。


今日は9/2(日)タワーレコード橿原店主催のインストアライブにご登場となりましたシカゴープードルさんにインタビューさせていただきました。
有難う御座いました!~

(メンバー全員):有難う御座いました!

(敬称略)



インタビューのあとには

「愛燦燦」

フルコーラスで行きます!



2007 9/2 SUN 

タワーレコード橿原店:インストアライブ

(於)奈良県・橿原市曲川町 ダイヤモンドシティ・アルル1F

サンシャインコート・特設ステージ 14:00~/16:00~

(楽屋インタビュー・収録時間9:18秒) 

Swinging Street secand!!FM81.4 NISHIYAMATO(SUN)21:00~22:00 ON AIR!!  DJ  PONCHAN! T・KARAKAMA (FOOT STOMP)


 9/16(日)オンエアーになります。(ノーカットで行きます。)

*シカゴ・プードルさんの直筆サイン色紙プレゼント!抽選で2名の方へ!



以下の宛先、若しくはFM81.4HPプレゼント情報からご応募ください!

尚、当選者の方の発表/連絡は放送内+MAILにてご連絡させていただきます!

Swinging Street secand!!

FM81.4 NISHIYAMATO

(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 

DJ
 PONCHAN! T・KARAKAMA


(REQUEST-MESSAGE) 
 
 E-MAIL post@fm814.co.jp

FAX  0745-33-3601 

MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)

FM81.4HP

http://www.fm814.co.jp/  


Posted by footstomp at 18:07Comments(0)

2007年09月09日

どげんかせんといかん、U-22!日本代表!




U-22代表、カタール戦(現在7.000枚ほどしかだと。)売れてないとのことですが…。

当たり前ですわ!

先ずは反町さんに言いたいわ。
何で平山とか使うの?
(サウジ戦でも終わりの方で使ってたけど…。×××!)
2次予選・最多の5得点とかいうけど…。
見てるこっちは日本のエースとかなんとも思ってないし。
正直、はっ?何って感じ。
(あの横浜FCの監督“8/27解任されたけど~”オフトジャパンの時のアジアの大砲・高木琢也のイメージには程遠い情けなさ、頼りなさ…。)
昨日、先発で森島を使ってたけど大胆な采配でもなんでもないですね。
正解、それが当たり前という感じですな。


選手を代表に選ぶに当たり、どういった基準で選出しているのか全くわからん。

もっと粋のいい、能力の高い選手はいないですか?

オシムにしてもしかり。

選手や監督の皆さんが、日の丸背負って頑張っているといったことをキチンと踏まえた上で、更に言わせて貰うならば何かこっち(ファン側)が思ってることと温度差がかなりあるように思えて仕様がない。
それゆえに思い入れを持って応援できなかったりする訳でして…。

Jリーグが発足して、野球界などが危機感を抱くとおり、確実にサッカーを志す子供達が増えているのは、あちこちの公共の運動場(グラウンド)の日常の風景を見ても直ぐに解る。

潜在能力を有した素材は沢山いる筈!

それともやっぱり現場には選択権なんか無くって、別のところで力が働いてるのかなぁ~。

どっちにせよ、今の状態では人気は下降線を辿り、積年の努力が水の泡に変わりまっせ!

観客席は今日もガラガラ…。

それが当たり前の、また振り出しに戻ってしまうような気がしてならないなぁ~。

熱くさせてくれよ~。

日本!
  


Posted by footstomp at 21:16Comments(0)

2007年09月06日

バトルファイター橋下弁護士に乾杯!



橋下弁護士、大反論!公開バトル要求!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000022-dal-ent

大いに結構!
橋下さんの勇猛果敢たる義憤に満ちた雄叫びに乾杯!

公共の電波を通じ、21人の弁護団達は自らの信念・存在理由を心ある人々に問うてみたらいい。
筋道や其の在り様に、少しでも正当性があるのなら、理性的な判断を下し、人々はきっとアナタ方に対し聞く耳を持つ筈。
考えようによっては弁護団にとっても絶好のチャンス。

顔出しで、是非、理由はどうあれ罪もない母子を惨殺したモンスターを弁護し、それにかこつけては「死刑廃止」という自らの目的を果たそうとするアナタ方の意向にどれ程の分があるか
試してみたらいいだろう…。

結果は見えてるけど~。
橋下さんの一方的なトライの応酬でワンサイドゲーム!
「どんだけ~!」

外道には正義の鉄槌を!
ものの理にまだまだ暗い幼子でも、凡そ人間ならわかりますよねぇ~。ホント!

  


Posted by footstomp at 20:20Comments(0)

2007年09月04日

コニー&クールキャッツ!





9/9(日)、久々私が、奈良は王寺に在るコミュニティーFM局「FM81.4(ハイホー/西大和)からオンエアーしている番組“Swinging Street Second”にゲストがご登場。(前の番組、「Swinging Street」から合わせてという話で。考えたら実際には初の記念すべきゲストですね!うんうん!)

この日、颯爽とスタジオ入りして色々とお話を頂戴したのは、来る10/8(月・祝日/体育の日)奈良ネバーランド(R24沿い・近鉄・新大宮駅近く)にて、あの1981年7/25に発売となり空前の大ヒットとなった「キッスは目にして」を歌っていた‘ヴィーナス’のVocal:コニーさんをフロントマン(ウーマンか?)とする「クール・キャッツ」がヘッドライナーを務めるイカシタR&Rライブイベント

「野良猫R&RツアーRUN&RUN’82」

主催者でありますコニーズ・カンパニー奈良協力会‘ファッツ・ナラビリー’こと『徳永志乃夫』さんであります!

先ずはゲスト・徳永さんの簡単なプロフィールを!
彼は、コニーズカンパニー奈良協力会の代表のほか、Red Hot Rock Sound“SF EXPERIENCE CO-PRODUCER”に、Rock’N club Good Fellows NARAの中心人物としての肩書きも持つ、まさに骨の髄からロッキンな人物!
この日もカッコいいリーゼントに、流石の革ジャンでバチッと決めてお越しになった次第。

物怖じもせず、堂に入った語り口調で、先ずはイベントのトリを務めるコニーさんに関しての情報を、そして後半ではイベントに関する内容を余すことなく詳らかにしてくれたファッツさん!
其の上、当日のチケットを5名様にということで、プレゼントまでしてくれました!



元ヴィーナスのコニーさん?
このブログを見ながら、ハテと首をひねっていらっしゃる不遜な輩(失礼!)方々もいらっしゃるかもしれませんので、此方も簡単にプロフィールをご紹介!

ヴィーナスというグループは、元々『ビーナス』と言う名前で、1974(昭和49)年にデビュー。この時は男性5人のオールディーズバンドだった(らしい)ですね。その後メンバーチェンジを経て、1979(昭和54)年に『ヴィーナス』という名前で再デビュー。この後もメンバーチェンジがあったものの、ポニーテール姿でまさに50’sの雰囲気が鮮やかに匂う“可愛いアメリカングラフィティー”そのまんまのコニーさんをVOCALに擁して、見事、先にも御紹介した「キッスは目にして」で大ヒットを飛ばし、一時は夜も日も明けず、TVにRADIOにと登場してはこの曲を演奏していました。

キッスは目にして

阿木燿子 作詞

L. Van Beethoven 作曲

罠 罠 罠に落ちそう
誘惑の恋 私をさそう
キッスは目にして 罪は薔薇色
あなたの鼓動を ハートで感じる
Kiss, Kiss, Kiss fall in love
やさしさだけの 言葉はいらない
君とぼく 愛の
そうよ 喜びを知ったわ
明日のことなど どうでもいいわ
恋 恋 恋に落ちそう
微笑みの罠 唇に残し
キッスは目にして 恋は陽炎
あなたの吐息を まぶたで受けるの
Kiss, Kiss, Kiss fall in love
ひとときだけに 切なく燃えるの
君とぼく 今を
そうよ もえつきて生きるの
予言の書は どうでもいいわ
キッスは目に
キッスは目にして 恋する瞳
キッスは目にして 瞳は心
キッスは目にして 心は炎


実はコニーさん、元々はスクールメイツ出身でキャンディーズの伊藤蘭さん(水谷 豊夫人)とは同期だったそうな。
因みに「キッスは目にして」は、ベートーヴェンの「エリーゼのために」が原曲で、他にもカテリーナ・ヴァレンテさんの「情熱の花」、そして我が日本ではそれをカヴァーした双子のザ・ピーナッツの「それ」がつとに有名であります。

ヴィーナス解散後もソロでコニーさんは地道に活動。
密かに渡米して、ストレイキャッツのスリム・ジム・ファントムやリー・ロッカーと共にプレイしたりと、R&Rの本場であるアメリカの地で武者修行!
そして帰国後、ソロ活動を経て、コニー&東京バッブを結成!
其の別働隊として、4人編成のタイトでストレートなR&Rを聴かせる革ジャン&パンツでクールに決めてるバンド「クールキャッツ」をつくり、現在精力的にツアー敢行中。
(クレイジーケンバンドでお馴染みの“葉山ツイスト”は元々コニーさんのために書かれた曲!勿論クールキャッツでも聴けるぜ!)
この11月までの期間限定付きのバンドゆえ、此れが奈良をはじめ、関西圏では見納めのライブになるとのこと!
だからこそ、10/8は奈良ネバーランドに集合だわなぁ~!

因みにコニーさん、コニーズカンパニーの社長さんで、所属アーティストにはあの今をときめく高橋ジョージさん(虎舞竜・トラブル)などがいらっしゃるそ~です!(儲けてはりますな~。モシカシテ…。)

10/8当日、このほかにあの舘ひろし、岩城滉一がいたことでも有名だったCOOLSも公認のダミーバンド・京阪グールス(実際COOLSのメンバーもよく客演するそうな!)や、元マスターベーション・卑龍氏が率いるストーンズを彷彿とさせるようなNEW バンド・ザ・スパークリング・ランブラー、そしてこのイベントの主催者であるファッツさんのバンド(アコギ×2、ウッドベースの変則ロカビリーユニット)SS BROS.に、スペシャルロッククラブ、そして何とヘビメタバンドのDEMON’S RIDEが参戦!
バラエティー豊かできっと飽きることなく時間は楽しく過ぎてゆくこと請け合いです!

是非、皆さん足を運んで其の夜はイカシタロックに酔いしれてくださいね!


この日のオンエアー曲

1)キッスは目にして(by ヴィーナス)

2)野良猫ロックンローラー

3)RUN&RUN  (以上 コニー&クールキャッツ)


で、みなさん!プレゼントだい!


徳永さん参加のこの番組は、来る9/9(日)にオンエアーとなりますが、

そこで、徳永さんから頂戴した10/8当日のライブチケット5枚プレゼントします!

FM81.4のHPのプレゼント情報のコーナーより応募受付しています!(9/9~9/15まで)
FM81.4HP

http://www.fm814.co.jp/

FM81.4プレゼント情報欄
http://www.fm814.co.jp/present/present_info.html

FM81.4 FAX 

0745-33-3601


あと以下でも受付!

foot_stomp8255@yahoo.co.jp

こぞって応募してくださいね!

尚、発表は一応番組内で行う予定ではありますが、基本、抽選の上発送をもって変えさせて頂くこととなりますので、悪しからずご了承ください!

また、FM81.4前の銀のラックにチラシを用意しています!
ライブ当日それをお持ち頂ければ、前売り価格の¥2.500でご入場いただけます!

野良猫ロックンロールツアー

COOL CATS FINAL TOUR RUN END RUN’82

出演:コニー&コールキャッツ

    京阪グールズ

    THE SPARKING RAMBLER

    SS BROS.

    SPECIAL ROCK CLUB

    DEMON’S RIDE

   2007 10/8 (月・祝 体育の日)

   at Nara NEVER LAND

   OPEN 17:10 START 17:30

   前売り¥2.500 当日¥3.000 (共にドリンク別¥500.ー)

   お問い合わせ:コニーズカンパニー奈良協力会 090-6246-5114

            お好み焼き かたぎや       0742-51-8749

            GOOD FELLOWES      0774-63-9755

            奈良ネヴァーランド        0742-36-2431

    コニーズ カンパニーHP
         http://www.conny.jp

*因みにチラシの地図の最寄り駅が「近鉄新今宮駅」となっていますが、誤植です。
 「近鉄 新大宮駅」が正解です!




   
     


Posted by footstomp at 21:46Comments(0)

2007年08月29日

赤い月



6年ぶり、全国で皆既食
http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1188308844

(NNN系 動画)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20070828/20070828-00000063-nnn-soci.html

ご覧になった皆さんは、目の前の自然の驚異を無邪気に楽しんでいらっしゃるようですが~。

赤く光る月って何か不気味やおまへんか?

因みに私は…見てまへん。
残念!(ギター侍か!ゲッツ!ださ。)

神戸・奈良でご覧になった方、いはります?
  


Posted by footstomp at 00:38Comments(0)

2007年08月28日

Nail&Spa LotusLeaf 、1周年!(橿原市)




橿原市は新賀町、八木の近鉄百貨店を斜め前にみる、蓮の看板が色鮮やかで印象的な、「Nail&Spa LotusLeaf (ロータスリーフ)」さんが、早いものでこの9/1をもって、何と1周年!

それを祝してお店から感謝の気持ちをこめて、9/1~30迄の間にご来店いただくと、

施術5%OFFのサービス

が受けられるとのこと!

是非、貴女も一度、「Nail&Spa LotusLeaf (ロータスリーフ)」サンの扉を開いてみてください!

Nail&Spa LotusLeaf (ロータスリーフ)

〒634-0006
奈良県橿原市新賀町242 アーバンライフ新賀Ⅱ

予約直通専用ダイヤル

0744-24-7090


http://www.lotus-leaf.com  


Posted by footstomp at 23:35Comments(0)

2007年08月27日

インディさん!





白塗り生活はや11年!

濃~いキャラが売りの、我が奈良県が誇る、大衆ソウルシンガーのインディさんから久々の便り!

私が以前FM81.4でやっていた生番組に登場して頂いたのを機に、縁の出来た方ではありますが、そのインディさん、何と来る9/16(日)奈良市音声館にて、「第二回インディ・花のグランドリサイタル」と銘打ったコンサートを開催されるとのこと!

8/19(日)、24時間テレビ[愛は地球を救う] イベントLIVE (奈良会場・もちいどの商店街マインズ広場)にも登場され、集まった観客の皆さんからヤンヤの喝采を受けていたインディさん!
その勢いを駆っての堂々のリサイタル!
それ故に、勿論、内容も十分に期待できるというもの!

知る人ぞ知る、名曲:ボーリングだよ人生は!から、最新曲:ラーメンサンバに到るまで其の日はインディさんならではのオリジナルソングの数々をお聴きいただけます!

また、ゲストには(!)浪花のマリリンモンローこと、南ルミコさんに、アートディレクターのRikew(リキュー)さんが駆けつけ、大いに当日のステージを盛り上げることにもなっています。

是非、皆さんもオラが県の大衆ソウルシンガー・インディさんのコンサートに足を運んでみてくださいね~。


9/16(SUN)会場13時 開演13:30~
¥2.500.-(当日:¥3.000.-)
全自由席
主催/お問い合わせ
奈良労音 TEL/FAX 0742-26-1415

インディさんのHP
http://www.west-v.net/indie/

インディさんのブログ
http://yaplog.jp/indie/

ラジオ関西 558KHz・火曜日夜24:00~24:30 「ジュミのミッドナイトハーバー」にも出演中です。

  


Posted by footstomp at 19:13Comments(0)

2007年08月21日

ラッシュアワー3/Life天国で君に逢えたら

奈良は王寺/三郷町を拠点として放送電波を発信しているコミュニティーFM局・「FM81.4(ハイホー/西大和)から、毎週日曜21時よりオンエアーさせて貰っている私の番組「Swinging Street Second」の中のコーナーであります「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー」。
そこで、8/19,8/26の両日においてご紹介させて貰った(貰う!)映画二題のその内容を、ここにUPしておきますので、暇な方はご覧アレ!
(この頃投げやり!笑!嘘、ウソ!)

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー
このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画8/19(日)ご案内分

ワーナーさんにて…

8/24(金)に先行上映。
8/25(土)より本公開!


今度はパリが超ド級の大混乱(ラッシュアワー)!!
地上324m!エッフェル塔で、ジャッキー・チェンVS真田広之 迫真の対決!
御馴染みジャッキー&クリス・タッカーのハチャメチャコンビがフルスロットルでボンジュールだ!

『ラッシュアワー3』



公開の度に、満員札止め!
ジャッキー&タッカーの異色お笑い(?)刑事コンビが、スピーディーでラジカルなアクションと、息つく暇も無いようなマシンガン・トークでスクリーン狭しと大暴れする大ヒットシネマの第3弾!
今回は、仏は花の都「パリ」を舞台に、チャイニーズ・マフィアと凄絶な闘いを繰り広げる。
ジャッキー、タッカーの愉快なコンビのほかに、今回はスウェーデンの名優・マックス・フォン・シドーに、何と!ロマン・ポランスキー監督、そしてそして、わが日本代表として真田広之が、重要な役回りとしてこのストーリーに登場し、脇を固める。
見所満載の「ラッシュアワー3」!
1.2と比べても約3倍の物凄さ!史上最大の大混乱到来!
是非、大興奮必至のこの1本!大きな映画館のスクリーンでお楽しみくださいねっ!

:内容:

~交通係に格下げされたカーター(クリス・タッカー)。
歌と踊りでハチャメチャな交通整理をする為、勿論街は大混乱。
其の頃、リー(J・チェン)は在米香港領事館のハン大使の護衛についていたが、チャイニーズ・マフィア“シャイシェン”の存在にハン大使が気付いた為に、何と狙撃されてしまう。
暗殺に手を染めた相手を捕まえるべくリーが追うと、何とそれは幼馴染のブラザー・ケンジ(真田広之)だったのだ。
一命を取り留めたハン大使と其の愛娘の警護に務めると共に、チャイニーズ・マフィア“シャイシェン“を追跡することになったリーは、腐れ縁のカーターと共にフランスはパリへと飛ぶ!
しかし、空港ではレビ警視(R・ポランスキー)にお尻まで入国審査されるわ、謎の美女、謎の巨人、無謀なタクシードライバーと次々にお呼びでないゲストが目の前に立ち塞がり、捜査は最早常軌を逸した状態に陥り、大混乱!
そして、遂に2人の思いはすれ違い、コンビ解消に到ってしまう…。
果たして、この先どうなる~。

其の先は映画館でご確認くださいね!

2007年 アメリカ製作

93分

監督:ブレット・ラトナー 脚本:ジェフ・ナサンソン 音楽:ラロ・シフリン

(出演)ジャッキー・チェン クリス・タッカー ヴィニー・ジョーンズ 真田広之 工藤夕貴 ロマン・ポランスキー マックス・フォン・シドー ノエミ・ルノワールetc.…

東宝東和/ジェネオン エンタテイメント提供 東宝東和配給

http://www.RH3.jp


今週、お薦めの映画8/26(日)ご案内分



ワーナーさんにて…

8/25(土)より公開!

世界的プロウインドサーファー・飯島夏樹。
これは彼と、其の人生を支え続けた家族が綴った真実の物語。

最期の瞬間(トキ)まで、パパはいつも微笑んでいた。
そして…其の命の輝きは、やがてみんなを明るく照らす―。

『Life 天国で君に逢えたら』

飯島夏樹―日本人で、唯一8年間ワールドカップに出場し続けた世界的なプロウインドサーファー。世界大会を転戦し、数々の入賞経験を持つ。
しかし、活躍の最中の2002年5月に肝細胞癌と診断され、そのショックから、うつ病とパニック症候群を併発する。
が、献身的な家族の愛と友人達の励ましにより、ほぼその精神的な病は克服し、果敢に二度に渡る大手術、そして様々な治療に挑戦するも病状は悪化。
2004年5月、余命3ヶ月の宣告を受ける。
この余命宣告と前後して、飯島は小説を書き始める。
「自分は生かされている」と体感し、偶然出逢った執筆活動に生きがいを見出した。
2004年8月、慣れ親しんだハワイに家族で移住。
「最期のそのときまで、物書きを続けたい。」と執筆を続けていたが、2005年2月28日、妻に見守られながら亡くなった。

この物語は、そんな飯島直樹氏の半生と、サーファー時代から夫を支え続けた妻・寛子さんの献身的な姿を通じ、夫婦愛・家族愛の素晴らしさを克明に描き出します。

映画では、主人公役「夏樹」に、大沢たかお。
彼の妻「寛子」役を、伊東美咲が熱演する。

見所としては、感動のストーリーは勿論のこと、圧倒的な迫力に満ちたハワイでのサーフィン・シーンも必見!
主題歌は、かのサザン・桑田圭祐の「風の詩を聴かせて」と話題も満載!

夏の終わり、是非この映画であなたも、今一度、命の尊さ、人の美しさ、生きることの素晴らしさを目一杯、体感して下さい!

2007年 日本製作

監督 新城毅彦

原作 飯島直樹

脚本 斉藤ひろし 吉田智子

音楽 吉俣 良

出演:大沢たかお 伊東美咲 真矢みき 袴田吉彦 石丸謙二郎 哀川 翔etc.

http://www.life-tenkimi.jp

ウインドサーフィンに興味の在る方はこちらをご覧下さい。
http://www.windsurfing-jpn.com


「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」

★奈良県では当館のみの上映★

「夕凪の街 桜の国」 8月18日(土)から公開中!





各メディアから絶賛された感動の物語が遂に映画化!

「半落ち」「出口のない海」など人間と家族の思いを見つめ続け、情感溢れる秀作を生み出してきた佐々部 清監督が、広島原爆投下から10年後と現代に生きる2人の女性を通して描く、生きる喜びを痛感する感動作。

奈良県では当館のみの上映です。ぜひ、ご家族揃ってご鑑賞ください。

FOOT STOMP 及び Swinging Street Secondから…

毎月恒例のワーナー・マイカル・シネマズ西大和さんご提供の映画無料鑑賞券
今月も多数のご応募頂き、FOOTの紙面を通じ3名様、またラジオを通じ2名様に抽選にて進呈させていただくこととなりました。
(当選者の方へ。近日中にお手許に届くことかと存じますゆえ、暫時お待ちくださいませ。尚、当選者のお名前等は個人情報等の事柄が御座いますので、公開は控えさせていただきます。)

今月8月は一回お休みさせていただき、次回はラジオ9/30放送分FOOT9.10月合併号(9/23(日)・9/25(火)2回にわけ折込配布。)にて、プレゼント告知いたします。
是非、皆さん挙ってご応募くださいね!

●ワーナーマイカルシネマズ西大和 

TEL0745-31-7171

(上映案内)0745-31-7172


(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i


















  


Posted by footstomp at 23:18Comments(0)

2007年08月21日

石野見幸さん、NHKラジオ出演!



放送予定

9月3日 NHK ラジオ第一 命の対話(予定です。)

9月 1日 YBC(山形放送)「ガンと闘うジャズシンガー」15時〜16時 山形のみ
8月26日 日本テレビ 「ガンと闘うジャズシンガー」関東のみ
     夕方3時25分〜4時25分(予定)
      ※1時間のドキュメンタリー番組
今回は、関西、その他のローカルでは放送されません
もし、放送希望があれば、それぞれのローカル局に放送依頼をしてくださいとのこと。

ラジオ、是非聴いて下さいね!

石野さんのHP

http://mico3.com/

以下のアドレスにて、石野さんの7/16・ブルーノート大阪でのサマーライブのレポートご覧いただけます!

http://swingingsecond.ko-co.jp/e10955.html  


Posted by footstomp at 19:08Comments(0)

2007年08月18日

空白・松本哲也







8/19(日曜日)、21時より1時間枠で、私がFM81.4(西大和)より放送させてもらっている番組のエンディングで今回、2004年・7/25に幻冬舎から刊行された、東北は岩手・水沢市生まれの「松本哲也」というシンガーソングライターが執筆した衝撃の自叙伝「空白」に付録として付けられたCD・「空白」が余りに素晴らしかったんでオンエアーすることにしたんですけど、皆さんご存知?

松本哲也クン(氏?)は、1976年8/18、岩手県水沢市(現・奥州市)生まれ・大船渡市育ちの、今年30歳になるシンガーソングライター。
父は暴力団幹部、母は覚醒剤中毒者という実に複雑で、悲愴な家庭環境にて育つ。
5歳の時、祖父母のもとに預けられるも、従姉等によって残酷な虐めに曝され、8歳のとき今度は大船渡市立根町に在る児童養護施設・大洋学園に移る。
小5の時、保父さんが弾いていたアコースティック・ギターに魅かれ音楽に興味を持つ。
小学校卒業と同時に、大洋学園を離れ中学に進学するが、家庭は勿論、学校の空気にも馴染めず非行の道へ。
そしてお決まりの鑑別所送りに。
この時期、作詞作曲をはじめ、施設内の中学卒業と共に上京。
コック見習い等のバイトをしながら音楽に精を出し、2000年4月TBSラジオ主催のストリートミュージシャンコンテストに出て、40組の中から見事優勝を奪取。
2002年5月「翼」で、ワーナーミュージックジャパンからデビュー。
悲惨な生い立ちをバックボーンとした其の楽曲群が、若者は無論、母親層にも絶大な支持を得て、一躍時の人に。
が、2003年3月、母親の訃報と共に、所属事務所/レコード会社との契約を解除。
そして現在、故郷・岩手に戻り、福祉施設の慰問、チャリティーライブやボランティア活動など、草の根分けるような地道なスタンスで歩みを進めている。

で、今回取り上げる「空白」は、2002年12/11、ワーナーから、5曲入りのアルバムCDとして発売されています。

でも、先の書籍にはシングルCDがおまけでついている!

コレが本当に素晴らしい!
曲も歌も歌詞も、骨董品のような調べを奏でるギター(特に間奏のリードなんて、ストーンズかはたまたスライダーズって感じで痺れるよ。アンプはアンペグかい!みたいなね!)も総て◎!

是非、騙されたと思って聴いてみてください。こればっかしは裏切ることはなし!ホントすよ!


*松本哲也 ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E5%93%B2%E4%B9%9F_(%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC)

◎松本哲也オフィシャルサイト

http://matsutetsu.com/pc/D9F5CE6F-3C7B-41BD-8152-E8A46C42D10F/TOP.html

●FM81.4HP
(コレで私のSwinging Street Secondという番組を確認してちょ!)

http://www.fm814.co.jp/

*番組S.S.S.公式BLOG
http://swingingsecond.ko-co.jp/
  


Posted by footstomp at 01:09Comments(1)

2007年08月16日

日本の青空


過日、郵便受けに投函されていたのだが、……
奈良は北葛城郡・広陵町に在るグリーンパレス(大ホール)という多目的ホールにて、来る9/1(土曜)夕刻6時45分より、再び日本が武力蜂起を試みないようにという意図の下に“GHQ”によって急遽7日間で作製された筈の「日本国憲法」は、実は無名の憲法学者・鈴木安蔵をはじめとする民間人によって草案が作られたという驚愕(?)の真相を謳う映画「日本の青空」が上映される。

私もこの話ははじめて知りました。

機会あれば是非、見てみたいなぁ~。

出演は、高橋和也(ex.男闘乎組)
    藤谷美紀
    加藤 剛
    田丸麻紀
    宍戸 開
    左 時枝 etc.

監督は、「GAMA-月桃の花」「アイラブユー」の大澤 豊氏です。

上映協力券
一般1.200円(当日1.500円)
シニア・障・中高生1.000円(当日1.100円)

グリーンパレス 0745-55-5755

主催:奈良広陵九条の会  
  


Posted by footstomp at 05:47Comments(0)

2007年08月15日

被爆ピアノ



第62回目の終戦記念日。
小泉元首相も、去年はすったもんだの喧しき場外乱闘があったものの、今年は現役ではないということも手伝ってか比較的穏やかな空気の中で行われた靖国参拝。

其の是非に関しては、色々と意見の分かれるところでしょうが、何にせよ一番恐ろしいのは過去に行われた戦争のその事実が影も形も無く、風化してしまうこと。

だけど、草の根分けるような形でこんな活動をしている人もいる…。
見てください。

(被爆ピアノ:要旨)
62年前、ヒロシマは爆心地(グラウンドゼロ)から1.8K離れたところで被爆した黒のアップライトピアノ。
(生々しくも、被爆の際、突き刺さったガラスの痕が今もその表面には残っているそう…。)
それを2年前に所有者から託され修理/調律を施した調律師・矢川光則さんが、現在このピアノと共に平和を訴えるコンサートをしているそうです。

「平和を語り継ごう」 広島で被爆したピアノの演奏会
http://jp.youtube.com/watch?v=l73N5xth4vg&feature=dir

被爆ピアノに翼をひろげる会 HP

http://www.hibakup.com/

また、平和の尊さ、語り継ぐ--元特攻隊員・秋田の佐藤さんのコメントを書いた毎日の記事が出ていましたのでここに貼りつけておきます。それと、リサ・モリモト監督の映画「TOKKO~特攻」のHPアドレスもね。

秋田・佐藤さんの記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070815-00000031-mailo-l05

リサ・モリモト監督「TOKKO~特攻」
http://www.cqn.co.jp/tokko/  


Posted by footstomp at 10:50Comments(0)

2007年08月13日

AIRGUITAR 2007 JAPAN FINAL





昨年、「ダイノジ」の大地洋輔(35)が世界チャンピオンに輝いたエアギターの国内最終予選「AIRGUITAR 2007 JAPAN FINAL」が8/12・サマソニ07の開催場所である千葉・幕張メッセ場内で行われ、フジテレビ「ひらけ!ポンキッキ」の人気キャラクター・ガチャピンが(爆転とかしていたらしい。あのまんまの格好でスキューバしたりとホンマ命知らずの気ぐるみ野郎というか…。あほでちゅねぇ~。)3位入賞と特別賞を受賞した。
因みに、優勝は自称“プロエアギタリスト志望”の市川theRockで、彼はMR.BIGの名曲「ダディ、ブラザー、ラヴァー、リトル・ボーイ」を熱演。国内予選を勝ち抜いた16人の頂点に立ち、9月7日にフィンランド(ムーミンの故郷)で行われる世界選手権の出場権を手にした

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070813-00000006-sanspo-ent

エアギターといえば、かのMr.エアギター・金剛地 武志氏がエアギターの世界から引退することを、うっすら涙を浮かべながらコメントしたそう。

金剛地 武志といえば、Yes,mama ok?というバンドのVo/G担当。(でも、CDはすべて、2007年3月時点では廃盤となってます。トホホ~)
エアギターをしているため実は楽器が出来ないとの先入観を抱かれることが多いようだが、彼は本当は現役のミュージシャンであり、風貌からして一般のサラリーマンがエアギターで注目され、俄かにTV等のメディアに登場してきたように思われがちだったが、元々が芸能活動をしている人だったのね!
何でも高校時代(和光高校)には、小山田圭吾とバンドを組んでいたらしい。ホォ~ってな具合。

エアギターって矢張りやってみるとかなり肉体を酷使するというか、体力を消耗する様子で、39歳 (1967年10月18日生)の
金剛地氏には最早きつすぎる作業のようだ。

私は好きだったからね。
頭にネクタイ巻いてエネルギッシュにエアギターをプレイする彼の姿がね。

ちょっと残念ですね…。ウン。

実は、エアギターの歴史って古くて私の記憶が正しければ、1979~80頃にイギリスで勃ったNWOBHM(ニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘビィ・メタル)のムーヴメントの際に始まったはず。
アイアンメイデン(未だボーカルがポール・ディアノの頃。)のコンサートの前哨戦みたいな感じで、よくエアギター(当時は、ダンボール・オリジナルギター使う輩もいたなぁ~。ダンボール肉まんちゃうよ~。)のコンテストがあったり、メタルDJとして当時ロンドンのクラブで人気を博していたレニー・ケイのパーティーで、これまたエアギターのコンテストが開催されていた(筈!)です。

本名 金剛地 武志

生年月日 1967年 10月18日

出身地 神奈川県

血液型 A型

サイズ  169cm B95 W80 H82 S27

特技 エアギター (2年連続世界第4位)

趣味 料理


金剛地 武志オフィシャルウェブサイト

http://www.kongochi.com/   


Posted by footstomp at 09:26Comments(0)

2007年08月10日

micoさん10.17TOKYOライブポスター完成!






石野見幸さんの東京でのライブポスターが完成!

ご覧下さい!

10月17日【水曜日】

開催場所は、ノヴェンバー・イレブンス1111

03−3588−8104【11時AM〜22PM)

http://www.risingdragon.jp/ 

東京都港区赤坂3−17−8 都ビル5F

宇崎竜童&阿木燿子がオーナーのレストラン&ライヴのお店で~す!


『石野見幸 With 横田明紀男BAND』

フライドプライドの横田明紀男さんとのコラボレーションによるステージです!

残念ながら前売りは完売の様子…。

詳しくは又、ノヴェンバー・イレブンス1111にてお尋ねくださいね!

石野さんのHP

http://mico3.com/
  


Posted by footstomp at 21:20Comments(0)

2007年08月10日

夕凪の街 桜の国

去る8/6は、62回目の「広島原爆の日」。
そして、今日8/9は、「長崎における原爆投下の日」。
さらに、8/15は、「終戦記念日」。



唯一無二の被爆国でありながら、その語り部を失うと共に、過去の歴史と物語るには余りに残酷で悲惨すぎる戦争の哀しき爪痕は、遠い記憶の中に葬り去られようとしている…。

また、驚く無かれ、今の若い人の中には「アメリカ」と戦争したことすら知らないものもいるという事実。
平和ボケもいい加減にしろと許りに、一喝もしたくなる気分ではあるが…。

だが、しかし、此処に又素晴らしい映画が誕生した。

映画というのは、基本エンターテイメントであり、万人が諸手をあげ楽しめるものであるべきで、しかつめらしい顔をして鑑賞するというのはその本分より外れているのかも知れないが、高齢の戦争体験者ならびに被爆経験者の方々を残念ながら急速に失ってゆくその状況の只中にあっては、映像と音声による立体的なパフォーミング、そして何よりもその記録性という点で図抜けた力を発揮し、過去と未来という点を線に変え、時空を越えて我々に重い意味を持つ歴史という名の遺産(ドキュメント)を送り届けてもくれるのである。

過去の時間と真正面から対峙するが如く、スティーブン・オカザキ監督(昔、私、この監督のリビング・オン・TOKYOタイムという映画を観て感銘を覚えたことを記憶してますなぁ~。)が、14人の被爆者の証言を克明に記録した映画「ヒロシマナガサキ~ホワイトライト・ブラックレイン・白い光、黒い雨。あの夏の記憶~」も外せないマストシネマなので、今夏、是非見て欲しい一作ではあるが、(機会あれば是非ご案内したいが…)、それとは別に、今日は静謐な映像美の中にも、残酷で拭い去ることの出来ないヒバクシャとしての呪わしげな運命を生き抜く二人の女性を主役に据え、生というものの有り様を今一度見つめなおし、そして真摯に考えることを主題とした映画「夕凪の街 桜の国」をご紹介したいと思います。(私がFM81.4・西大和からオンエアーしているラジオ番組「Swinging Street Second」では8/12の中でお伝えいたします。)
原爆関連作品

ヒロシマナガサキ HP

http://www.zaziefilms.com/hiroshimanagasaki/

鎌仲ひとみ監督 ヒバクシャ~世界の終わりに~HP

http://www.g-gendai.co.jp/hibakusha/index.html

渚にて

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5710/on-beach.html

http://www.ywad.com/movies/866.html

ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー

このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

8/12、お薦めの映画

ワーナーさんで8/18(土曜)より公開!

2007年 日本

上映時間118分

広島―ふたりの時代に生きるふたりの女性を通して、いま、生きる喜びを痛感する。
生きとってくれて ありがとう…。

「夕凪の街 桜の国」





広島原爆投下から10年後と現代を生きる二人の女性を通じて、現在までに到る原爆の影響、悲しみを描き、第九回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞といった栄えある両賞を獲得した、女性漫画家"こうの史代"原作の「夕凪の街 桜の国」(双葉社刊)。
その漫画としては、えらくハードルの高い、難しい題材を扱ったストーリーにも関わらず、お隣り韓国をはじめ、仏、米、豪等世界十ヶ国で出版されては評判を集め、此の度「半落ち」や「出口の無い海」などのヒューマンドラマを手掛け、その手腕が俄かに注目の的と成った、あの"佐々部清"監督がメガホンをとり実写映画化された。

この人生、すべて愛おしい―。
何気ない日常生活、家族や恋人との愛に溢れた人生から感じるのは、生きることの喜びと平和の願い。

物語は、時代(とき)を隔てた二編のドラマから構成される。
先ずは「夕凪の街」。
昭和33年、戦争の爪痕も生々しい中、それでも人々の努力により逞しくも復興が進むヒロシマで、平野皆実“みなみ”(演:麻生久美子)は、母親フジミ(演:藤村志保)と貧しいながらも平穏な日々をすごしていた。弟の旭(演:伊崎充則。桜の国ではマチャアキさんが演じている。)は、戦時中に水戸へ疎開。そのままおば夫婦の養子になっていた。
或る日、皆実は勤めに出ている会社の同僚・打越(演:吉沢悠)という青年から求愛される。
が、原爆で自分が生き残った罪悪感や「被爆」という残酷な現実から逃れられない皆実は、それを素直に喜び受け止め、幸せを掌に掴もうとはしない…。
果たして、打越はそんな皆実の想いを優しく包み込んで…。

そして、「桜の国」。
時は変わって平成19年。
東京,夏。
定年退職した旭(演:堺“マチャアキ”正章)と共に暮らす娘の七波(ななみ・演:田中麗奈)は父親の最近の挙動に不審を感じていた。
今夜も、家族に内緒で独り何処かへと向かう旭のあとをつけてみると、何とそれはヒロシマへと行き着く旅であった。
七波は、ヒロシマで旭が立ち寄る先や、会う人々を遠目で見てゆく内に亡き祖母フジミや、伯母・皆実への想いを巡らす様になる。
七波は、知らず知らずのうちに、思いがけずも家族や自分のルーツを見つめ始め、かけがえの無い時間をヒロシマで過ごしてゆくこととなる…。

(出演)
麻生久美子・田中麗奈・堺正章・藤村志保・中越典子・吉沢悠・伊崎充則・田山涼成 etc.



(参考)原子爆弾…

原子爆弾はアメリカ合衆国が最初に開発し、1945年7月16日にニューメキシコ州アラモゴード軍事基地の近郊の砂漠で最初の原爆実験が実行された。この原子爆弾のコードネームはガジェット (Gadget) と呼ばれた。詳細はマンハッタン計画、トリニティ実験を参照 。

また実際の戦争で使用された原子爆弾は、太平洋戦争末期の1945年に日本の広島市に投下されたリトルボーイ(濃縮ウラン型)と長崎市に投下されたファットマン(プルトニウム型)の2発である。

これらの原子爆弾は大量の放射線を放出し、また放射能を有する塵などを多量に排出したため、被害は爆発の熱や爆風だけに留まらず、原爆症と呼ばれる放射線障害や白血病や癌などの重大な病気を被爆者に引き起こし、その影響は現在も続いている。(ウィキペディアより)

また、よかったら合わせてこちらもご覧下さい。(FOOT STOMP7/6付けブログ)

http://footstomp.osakazine.net/d2007-07-06.html





ワーナーマイカルシネマズ西大和

 TEL0745-31-7171

(上映案内)0745-31-7172


(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i



  


Posted by footstomp at 02:09Comments(0)

2007年08月09日

MOWSON?マウソン?ローソンちゃうの?






過日、「天の国」「木の国」「川の国」豊かな自然が美しい奈良県吉野郡天川村に、ちょいと遊びに行った時のこと。
天川村の入り口にあたる川合の交差点を少し洞川方向に車を進めると「おや、こんなところにローソンできとるでぇ~。」
だが、しかっし!どうも具合が妙だぞよ…。
看板のミルクのイラストが薬缶だし、ローソンの頭文字が「M」になってるし…。
これはもしや、そうご名答!ローソンのばったもん「MAWSON」ではないかいなぁ~。
実はコレ、村唯一のよろずや・食料品店と思しき「森田商店」さんのユニークな看板/店舗外観でありました。
笑撃でっしゃろ~。うひょひょひょ~。

でも、結構繁盛してましたで。こちらさん!

いざ、天川へお出かけの際は是非、土産話のネタに立ち寄ってみては?

因みに、この時私は、家族と共に、長きに渡り利用させてもらっています南角(みのずみ)オートキャンプ場(ホント良き所!何処のキャンプ場より、私は最高と思っています!みのずみ万歳ですなぁ~。)にお泊りさせていただき憩いのひとときを堪能してまいりました!

天川村HP

http://www.ntcs.ne.jp/tenkawa/

みのずみオートキャンプ場

http://camp-expert.com/minozumi/index.html  


Posted by footstomp at 00:17Comments(0)