2006年11月25日

わが町archaeology(アーキオラジー)

わが町archaeology(アーキオラジー

鏡作神社(鏡作坐天照御魂神社)~磯城郡田原本町~






「此の一帯は古墳時代頃から鏡作氏という鏡の鋳造専門の技術者集団が住んでいたといわれる。鏡作の名をつけた神社が田原本に多いのも、その鏡作氏に由来するし、江戸時代迄その神社のひとつは全国の鏡職人のメッカでもあった。」と、かの直木賞作家・坂東真砂子の伝奇小説「蛇鏡」の中でも取上げられていた鏡作神社。鏡作坐天照御魂神社は、田原本町八尾に鎮座する延喜式内大社で、天照国日子火明命(あまてるくにひこほあかりのみこと)、石凝姥命(いしこりどめのみこと)を氏神として開いた場所。石凝姥命は、八咫の鏡(やたのかがみ))を鋳造したとされる神で、社伝ではその試鋳の鏡が鏡作神社のご神体であると伝えられている。
所在地・奈良県磯城郡田原本町大字八尾字ドウズ
アクセス・近鉄橿原線・田原本駅下車 北へ徒歩20分
連絡先・田原本役場 TEL:0744-32-2901  E-mail: info@town.tawaramoto.nara.jp


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。