2007年11月16日

石野見幸さんを偲ぶ…

FM81.4(西大和)から、私がお届けしているラジオ番組「Swinging Street Second]では…

(FM81.4の特別予告ページ御覧下さい!  http://www.fm814.co.jp/special.html )

11/8に亡くなられた石野見幸さんを偲び、予定を変更して11/18(日)21:00~22:00まで(再放送は23日、午前2:00~3:00)は、「カレント」全曲オンエアーします。可聴地域の方はぜひお聴きください。
また、お聴きになれない方は、このブログに番組内容(今回、何時も以上に話がかなりとっ散らかってしまいましたが…)UPしておきますので、カレント聴きながら御覧下さい。

(皆さんからのメッセージ・コメントもお待ちしてます!)
http://www.fm814.co.jp/



皆さん、今晩は。
これからの1時間は、このFM81.4、FM西大和からお届けさせていただきます、「Swinging Street Second」にお付き合いくださいませ。
お相手させていただきますのはDJ PONCHANG!ことT・KARAKAMAで御座います。
さて既にニュース報道などで、ファンのみならずともご存知のことかとは思いますが、去る11/8(木曜日)、午後3時頃、ジャズ・シンガーの石野見幸さん(本名・美幸さん)が、残念ながら神戸の病院で「がん性腹膜炎」の為に35歳の若さながらお亡くなりになりました。
思い返せば昨年12月9日、偶然目の当たりにしたお昼のワイドショーを通じ、がんにより余命一ヶ月という過酷な宣告を医師から受けながらも、ひたむきに命の炎を燃やし続けては真摯に人生と向かい合い、大好きなジャズを懸命に歌うそんな彼女の姿に胸を打たれ、今日に至るまで私は彼女の私設応援団宜しく、精一杯のエールと共に少しでも何か具体的にお手伝い出来ることはないかと考え、甚だ微力乍らも宣伝広報部長をかってでるかのごとく、この番組やブログを通じファンの一人としてバックアップさせてもらってきました。
 7月16日のブルーノート大阪では、楽しくも和気藹々なるサマーライブを開催。喝采と拍手の渦巻く中、熱唱。クオリティーの高い歌と力強い演奏で大成功を収めました。(勿論私もその日のステージを見るべく、ブルーノートに駆けつけました!)更にはその勢いを駆って、東京は赤坂にある宇崎竜童・阿木耀子のおしどり夫婦がオーナーのお店「ノーヴェンバーイレブンス1111」で、横田明紀男BANDと共にステージに立っては、その魅力溢れる歌声を今度は東のファンに向けて披露する筈だったのですが、結局歌を唄えるコンディションにはないということで一旦キャンセル。治療に専念して、「今一度仕切りなおしを」と努力していたその矢先、力尽きては我々が住む世界とは違うところへ、羽衣をまとって、本当の天女として旅立たれていってしまった訳です。
日々、抗がん治療による痛みとの戦い。それでもジャズを歌うことへの情熱を忘れず、また、再びステージに立つチャンスは到来するだろうと信じて、最後の最後まで彼女は持ち前の辛抱強さで乗り切ろうと思っていた筈です。でも、10月10日のHPでのメッセージを最期に、見幸さんは延命治療を拒み、潔い死を望まれたいうことです。
私の元には、今micoさんから頂いた直筆の手紙とポスター、そして何本かのメールが『あの日』のまんま残されています。
そして、その中にこんな一文があります。
~細々ながら歌を愛し音楽に支えられて来たこのあたしは、ジャズを歌うようになりやはりブルーノートは高いハードルとしてほんのりと夢見てきました。また今年の夢と掲げる事で自分を奮い立たせて参りました。苦しくも病気を通じて出演することを恥と思う日もありました~
これは最愛のお父様を亡くされた後に頂戴したメールですが、「病気を通じて出演することを恥」というのは、きっと頑張りやの彼女としては「同情されての出演なんて!」という、アーティスト/シンガーとしてのプライドが、正当に評価され実力で勝ち取りたいという真っ直ぐな想いがその台詞を言わしめるに至ったと思うのですが、でもその後に「ありました」と続くのは、これは応援してくれる人達のために、また同じ病気で苦しむ人たちへの励まし・後押しが自分に出来ればというところから思い直して、改めてそのステージに向け力強く準備を始められたという決意表明だったと解釈しています。
で、実際に、その当日のブルーノートのステージというのは、私のみならず御覧になった方々すべてが同じ印象をお持ちになったことだろうと思うのですが、歴代、そのステージを華やかに飾った有名ミュージシャン達と十二分に渡り合うだけの素晴らしく内容の充実されたライブを披露してくれて、純粋に楽しい「奇跡の一夜」として鮮やかに、今も脳裏に記憶されています。
いずれにしても、何時かは一度、番組の1時間枠を全て費やし、石野さんの特集をしようと思っていた訳ですが、まさかそれがこんな追悼という形で行うことになってしまうとは思ってもいませんでした。
兎に角、今日はブルーノートのLIVEのそれと同じように素晴らしい楽曲が沢山網羅され、石野さんの魅力満載の「カレント」から、時間の許す限り彼女の歌声をオンエアー。そして静かに彼女の生前の姿を偲びたいと思います。
それではどうぞ!

1.I’ve Seen That Face Before(LIBERTANGO)
アイヴ・シーン・ザット・フェイス・ビフォア
2. I’m a Fool to Want You
アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー
3. Goody! Goody!
グウディー・グウディー
4. 粋な別れ
5. Coracao Vagabundo
コラサォン・ヴァガブンド

石野見幸さん・プロフィール

兵庫県出身。神戸女子短期大学を卒業後、メイクアップアーチストを志し、その仕事と共に、この時期より「ジャズ・ボーカリスト」としての練習もスタートする。1997年5月よりアローミュージックスクールのボーカルレッスン生として古屋さと子氏に師事し、スタンダードジャズを中心に、ボサノバ等の幅広いレパートリーを習得。そして活動の場所を、京阪神のライブハウスやホテルラウンジのステージ等々に求め、ライブ出演を始める。
その後、大きな病いを患うこととなり、つまずくも、その際に「どう生きるかが大切と思った。命を授けてくれた両親に歌声を残そう」とCD製作を思い立ち、紆余曲折を経ながらも精一杯の努力で、昨年、12/25に晴れて、素晴らしい透明感溢れるクリスタルのような歌声と名曲の数々が収録された1stアルバム「カレント」を発売する。その後も辛い治療の日々は続くものの、7/16(祝・海の日)には大阪ブルーノートにて「サマーライブ」を開催。大成功を収め、またその模様はテレビなどのメディアを通じ大々的に報じられてはさらなる注目を集める。10/17には東京・赤坂のノヴェンバーイレブンスで横田明紀男バンドとのコンサートを予定していたが、その後の体調不良から断念。そして11/8(木)午後3時、「がん性腹膜炎」のため、神戸の病院にて永眠。享年35歳。

6. Forgotten Doll(人形の家)
7. You’ve Got A Friend
ユーヴ・ガッタ・ア・フレンド
8. Teach Me Tonight
ティーチ・ミー・トゥナイト
9. LOVE


最後に…。
11/10の姫路・クレリ野里ホールでの葬儀には参列できませんでしたが、私なりの思いをこめてメッセージだけはお送りしました…。
「命は尽きても、肉体は滅んでもあなたの歌は永遠に私達の心に灯を点すことでしょう。本当に有難う。そしてまた何時かお会いしましょう。
さようなら。」

慎んでmicoさんのご冥福をお祈りいたします。


そして、エンディングは何時もと同じく…(この番組が続く限りはこの曲は流し続けます。)

I’m a Fool to Want You
アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー

*7/16のライブレポート、此処に再録しておきます。
あの日のライブは本当に最高でした。
カレントをお持ちの方はカレントを聴きながら、残念ながらお持ちで無い方は是非お買い求め頂き、あの日の最高のライブを追体験してくださいね!




待ちに待った!石野見幸さんのサマーライブに行ってきました。

名演の数々をその歴史と刻みながらも、残念ながら8/8(水)にグランド・フィナーレを迎える大阪ブルーノート。
その夜の石野さんのステージは、まさにそんな、近くエンディングを迎えるブルーノートの舞台を鮮やかに彩り、そして暖かな沢山の想いを心豊かに感じさせる素敵なもので、過去の数多ある名演に優るとも劣らない堂々たるライブであったと思います。

私は、直前に1stから、2ndステージの方にお邪魔させていただくこととなり(マネージャーの遠藤様にはホントにお手数をお掛けしました!)、19:40過ぎに入店。
ステージ向かって左側・サービスエリアのカウンターの端っこに坐り、暫し、ゆっくりして20:30の開演を待つことに。
客電が落ち、先ずはバンドのメンバーが次々とステージに現れ、各々の楽器を手に取り演奏がスタート。
小気味良いビートが心地よいスウィンギングなイントロダクションの後、本日の主役である歌姫micoさんが、颯爽と艶やかなりしタイトなドレスを身に纏い、満を持しての登場!
思っていた以上に顔色もよく、なんだか先ずは一安心。
(足元がふらついて見えたのはハイヒールのせいか?)
当然客席は、割れんばかりの歓待の拍手!


ではでは、ドキュメント・実況風に昨日のステージを振り返ってみましょうか~。


1曲目は、カレントでもお馴染み、陽気でお茶目な感じのナンバー「Goody! Goody!」
何時もCDで聴いてはいるけど、直にライブで生歌として聴くと、さらにイカシてて、ホント感動的!

2曲目は、「I'm a Fool to Want You」

3曲目は、ブラジルの国民的な歌手・カエターノ・ヴェローゾのナンバーで、ポルトガル語が一際、異国情緒を感じさせ、ファドと同じくリスボンなどの下町の風景(ブラジルじゃないけど…。)がイメージの中、立ち昇ってくるような佳曲「コラサォン・ヴァガブンド」

4曲目は、鷲見さんのBassのみで1コーラス目を聴かせる弘田三枝子さんのカヴァー「人形の家・Forgotten Doll」

ここで、今年4月になくなられたお父様のことに触れ、思い出の曲を何曲かと前置きし…
5曲目は、プラターズの「トワイライトタイム」

6曲目の前で、一旦姫は楽屋へ。
残るメンバーで、またまた賑やかにプレイ!
各パートのソロがあり、特に此処ではサックスのエキサイティングな掛け合いが印象的でした。

暫くして、衣裳替えしたmicoさんが再び登場。
客席に深々とお辞儀をして、私なんかはジャニス・バージョンで馴染み深いんですが。
次なるナンバーは、(7曲目)「サマータイム」
この曲のアレンジ(リフレインするフレーズがかっちょよくてね!)がなかなか渋くてよかったです!

8曲目は、同じく「カレント」の8曲目に収録されている「Teach Me Tonight」(今夜教えて)

9曲目は、よくTVなどでも紹介されている石原裕次郎さんの「粋な別れ」
(本日が、何回目かのボスの命日とのお話でしたが…。)

10曲目は、お父様からこれええやん!と言って貰ったCDからの曲で、今宵初披露。
グロリア・エステファンの「時の限りに」

11曲目は、「総てのものは変わってゆく…。だけど変わらないのは鳥が鳴くこと。太陽が昇ること。雲から雨が降ること。音楽が私の心を打つこと…。」

「エブリシング マスト チェンジ」

12曲目は、近さんのピアノのみをバックとして…(その前にちょい頭髪ネタがありましたが~。)

ラリー・カールトンの曲 「何がおこっても」
(私はルーム335のイメージが強かったのでこんな叙情的なスローナンバーは意外でした。)


この後、アンコール。
鮮やかなピンクの衣裳に身をつつみ、micoさん、今再びのご登場!
サンバ調の曲でしたが、スミマセン、この曲のタイトルは勉強不足でわかりませんでした。ソ~リ~ですっ。

曲間のMCでは、ちょくちょく涙を見せていた見幸さんではありましたが、それは決して暗く悲しいものではなく、感謝と愛に満ち足りた心がみせた喜びにも似た暖かな涙であり(~と手前勝手に解釈しましたが…。)、それゆえに心打たれるものがありました!
来場してたお客さんも、皆一様に、HOTで、一生懸命の拍手と声援で盛り上げていて、いやいや素敵でした。
勿論バックで、力いっぱいの演奏を披露し、micoさんを終始支え続けてメンバーも格好よかったですね。

この日のメンバーは…

近 秀樹さん(ピアノ) 河田 健さん(アルトサックス) 

鷲見 和弘さん(ベース) のレコーディングでも一緒の気心の知れたいつもの顔ぶれに…

佐藤 英宜さん(ドラムス)+池田 定男さん(ギター)と、東京から応援団として、鈴木 央紹さん(サックス)が、さらにこの日は参加されました!

…ということで、ライブはステージと客席が一体となった形で終始盛り上がり、非常に楽しくも感動的で、溢れんばかりのエネルギーを頂戴しましたね!

「死んだらあかんで~!」
ステージから見幸さんが叫んだメッセージ。

その通り!

生きてこそ花も実もある人生。

私も頑張ります!みなさんも頑張れ!
そして、勿論micoさんも!

どこまでも、諦めず、挫けず頑張って生きてゆきましょうね。お互い…。

そんな想いがいつまでも胸に残る素晴らしいステージだったことを、このサマーライブにいけなかった皆さんにお伝えして、この報告は終わり!

又、次回のステージ、期待してます。見幸さん!

その日を楽しみに…。


FM81.4 NISHIYAMATO
(SUN)21:00~22:00 ON AIR!! 

DJ
 PON-CHANG! T・KARAKAMA
(REQUEST-MESSAGE)
 E-MAIL post@fm814.co.jp
FAX  0745-33-3601 
MAIL 〒636-8555 FM 81.4(ハイホー)



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。