2007年10月14日

あんなもんボクシングやない。亀田VS内藤



亀田父のライセンス剥奪要求…JBC「倫理委」が判断
http://sports.yahoo.co.jp/news/20071014-00000024-sanspo-spo.html

亀田・父は確かに傍若無人で、他人様に敬意を払わない直情径行型の単純で無作法なおっさん(大阪では仰山見かけますが…)ではあるけれど、弱り目に祟り目の現在、チャンスとばかりに「ライセンス剥奪」をよってたかって唱えるのは如何なものか?

独創的なトレーニング法を編み出しては(丸太切りとか、グローブを棒の先に付けてダッキングの練習とか、実に、大リーグ養成ギブス並みに漫画的ではあったけど…。)、信念を持って息子達に一生懸命指導を施して、とりあえずもチャンプにした訳だが、そこにたどり着くまでどれほどプロのトレーナー氏たちは亀田・父を批判したことか!
彼はそれでも、揺るがぬ山の如く「息子をチャンプにして自分のやり方が批判に当たらない正しいものであるかを実証する!」と発言し、又それに息子達もついて行き、見事それを実証するべく頂点(まぁ、此れも少し眉唾的なところもないではないが…。)に辿りついた訳だが。
当然、其れまで批判を繰り返してきたトレーナーは、グウの音も出ない状態に陥り、屈辱を胸に今日まで黙ってきたんだろうけど~。
今回の件で一気にそのストレスが大爆発ってか!
江戸の恨みを京で晴らすじゃないけれど、結局それがあるから今回みたいな大合唱になってるんでしょうなぁ~。
今回の内藤との試合【俺からしたら内藤も失格じゃ!あんなもんボクサーでもなんでもないやろ。最期までルールを遵守して冷静さを保ち、紳士然としてスポーツマンシップに徹したなら拍手喝采でしょうけど。あいつも反則(後頭部はったやろ!)して減点になったやないけ!白井さんがあんな試合したか?原田が、海老原が、大場が、柴田が、輪島が、ガッツが、カンムリワシが、トカちゃんが、渡辺トホホ…二郎が、浜田が、六車が、井岡が、大橋が、レパードが、畑中が、平中が、アルバチャコフが、薬師寺が、畑山が、生野の星・徳山(私の第2の故郷の星ですなぁ~。)が、名城が、あの赤井でも、あの辰吉でもしてへんで。】
ありゃ、ボクシングではないわなぁ~。
処分するんやったら、皆一律処分、無効試合にせい!
カッコ悪いことこの上なし!

「(亀田を倒して)国民の期待に多少なりともこたえることができたのでは。」

呆れてものも言えません…。

角界も終わったけど、BOXING界も終わりやな。

処分するなら今回かかわった奴総てに制裁を!当然やろ。
泥塗った輩は皆、OUT。
「サンデージャポン」に出て偉そうこいてたらあかんで。
(サンジャポファミリーもええ加減、調子合わせんなよ。内藤が勘違いするやろ!あいつもあいつなんやから~。TBSも反省せーよ!)

勿論亀田も猛省せよ。猛省!

トレーナー達もこんなことで遺恨晴らさんと(漏れ伝えきくところによると、内藤のセコンド側が引き金引いて今の動きになってるそうですな~。内藤さん、いじめられっ子であった過去を売りにしている割には、今度はいじめっこですか!)、もっと先の未来見据えて考えなはれ。

終わるで、ホンマ!

ボクシングを汚すな!ボケ!(失礼しました。)
  


Posted by footstomp at 11:11Comments(0)