2007年05月20日

仮面ライダー電王劇場版、驚きのキャスト!






最早、夏の風物詩、毎年恒例の催しとなった感のある、(其の昔、私がまだ可愛いお子様だった頃は、幾つかのアニメを集めての“東映まんがまつり”とか“東宝チャンピオン祭り[?。此れに関してはタイトル記憶曖昧]”が夏休みになる度に行なわれたモンすけど…。)仮面ライダーの映画が、今年も夏休みに向け、8/4(土)より公開されるとのことだが、今回は現在、テレビ朝日系で、毎週日曜朝8:00~8:30の間で放映されている「仮面ライダー電王(DEN-O)」の劇場版(長石多可男監督)が用意されてるとのことではあるが、其処に何と今回、良太郎、モモ、ウラ、キンタロス、リュウの最強の敵役として登場するのが、あの円谷プロ・ウルトラマンガイアで、宇宙より襲い来る根源的破滅招来体から地球の平和を守るべく戦う特捜チームXIG(シグ)の空中司令部・エリアルベースの指揮官として颯爽且つ勇猛果敢に、常に威厳をみせながら活躍“石室コマンダー”役として登場されていた俳優・渡辺裕之氏がな、なんと全時空の制覇の為、人間たちの過去を自分に取りこんでは都合のいいように記憶及び歴史を塗り替えて行く恐ろしいライダー「仮面ライダー牙王(がおう)」としてスクリーンに登場するそうな!
歴代のライダーの中で、最も高齢だったのは、2001年に電王と同じ時間帯で放映されていた「仮面ライダー・アギト」(尼崎出身の元Fineのモデル・賀集利樹/アギトとか、要 潤/G3(ジェネレーション3)といった役者たちを輩出した佳作。)に、グロな、まさに仮面ライダーのプロトタイプを思わせる「アナザーアギト」に変身する医者役を演じていた菊池隆則氏が42歳で、No.1であったのだが…。
歴史は塗り替えられるモンです~。
渡辺氏はなんと51歳。奥様・原日出子さんもさぞや心配されているのでは~。
まぁ、兎に角楽しみ!
野上良太郎役・佐藤 健(たける)18歳を向こうにまわし、「ジェネレーションギャップに負けず、面白い仕上がりになっていると思います。」と抱負を語った渡辺コマンダー!
この夏は、子供達をダシにして映画館へいこっと!

  


Posted by footstomp at 11:28Comments(0)