2007年04月08日

ブラッドダイヤモンド



4/1(日)から、FOOTはFM81.4(ハイホー・西大和)にて、日曜晩9時から10時までの1時間枠の新番組「swinging street Second」を担当することに!
それに伴い、ワーナーさんのコーナーもお引越し!
この新番組内にて、シネマフラッシュのコーナーとして引き続きON AIRして参りますんでまたまた御愛顧の程を!たのんまっさ~!

新番組BLOGアドレス

http://yaplog.jp/swinging814/


ワーナー・マイカル・シネマズ西大和プレゼンツ・シネマ・フラッシュのコーナー(4/8ON AIR)
◎このコーナーは、河合町は西大和サティ前に在る、FM81.4(ハイホー)ポータブルラジオ可聴地域圏内において、最大のエンターテイメント施設といえる映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからダイレクトに頂戴した新作映画情報や、ワーナーさん独自で展開されるお得で楽しいイベントや特典などを、ラジオの前のあなたに向けて発信する素敵なコーナーであります。さて、今週は銀幕の向こうからどんなファンタスティックなストーリーが届けられることやら…。乞うご期待!

今週、お薦めの映画
ワーナーさんにて、4/7(土)より公開!
ダイヤの価値をきめる"4つの C"
色・COLOR カット・CUT 透明度CLARITY カラットCARAT
しかし、実は5つめのC(CONFLICT・争い)が存在する事をあなたは知る…。

エドワード・ズウィック監督最新作

「ブラッド・ダイヤモンド」



ワーナーブラザーズ映画提供

2006年製作

143分

主演のレオナルド・ディカプリオが「ディパーテッド」とこの「ブラッド・ダイヤモンド」にて、史上初ゴールデングローブ賞主演男優賞のWノミネート!ということでも話題・.注目を集める事となったこの映画「ブラッド・ダイヤモンド」

見た事も無い巨大なピンクダイヤモンド。
ひとりの男が其れを隠したことから、衝撃の物語の幕は開く…。

地中から掘り起こされ、人の手に触れた途端、そこに群がる人間のありとあらゆる欲望や感情を吸い込むかのように蠢き出す魔性の貴石・ダイヤモンド。
この映画に登場し、数奇な物語を紡ぐ3人の男女を引き寄せたのは、滅多に産出されることの無い巨大なピンクダイヤモンド。彼らはそのダイヤモンドにそれぞれ「自由」「家族」「真実」という別の輝きを見た。

3人のうちの一人は、レオ様演ずるところの元傭兵であったダイヤの密売人。
彼にとってはダイヤは荒れ果てた大陸から抜け出すためのチケット。
其れを手に入れるためならば手段など選ばないワイルドな密売人を、レオ様は見事演じきり、前作「ディパーテッド」と共にゴールデン・グローブ賞主演男優賞Wノミネートという快挙を達成し、新生ディカプリオの評価を揺るぎないものとした。
もう一人は、闇ダイヤの採掘場に強制的に連れてこられた愚直な漁師(ジャイモン・フンスー)。
偶然見つけ、人知れず地中に隠した巨大ダイヤは、彼にとって引き離された家族を奪還する為の悲しくも唯一無二といえるなけなしの切り札。
そして、最後の一人は、アメリカからやってきた女性ジャーナリスト(ジェニファーコネリー)。
彼女にとってそれは、どうしても暴かなければならない、ダイヤの裏に広がる果たしなくも醜い"闇"の動かぬ証拠であった。

1つのダイヤに託された、全く違う各々の望み…。
舞台は、狂気と混乱が支配する内戦下のアフリカ・シエラレオネ。
隠されたピンクダイヤに辿りつくには、一寸先さえわからない地獄の様な行程を突き進まなければならない。悪夢のような衝撃の展開、一瞬一瞬が死と隣り合わせの試練、自身の望みの為に相手を利用し、相反する思惑に衝突の火花を散らせながらも、極限の状況の中で何時しか生じ始める3人の心の変化。ダイヤが約束する筈の未来を最後に手にするのは果たして一体誰なのか?
胸をえぐられるような凄まじいたびの終わりに、涙が溢れてやまないのはなぜなのか?
是非とも、ズウィック監督が送る強烈なる文明批評・メッセージ(現実問題に言及した内容に関して実際、米国務省が批判をしたことでも話題に!)と共に、その答えをスクリーンの前でしっかりと確かめてください!

監督:エドワード・ズウィック(ラスト・サムライ、グローリー)

原案・脚本:チャールズ・レビット

(出演)ダニー・アーチャー…レオナルド・ディカプリオ
    ソロモン・バンディー…ジャイモン・フンスー(インアメリカ・3つの小さな願い事、グラディエーター)
    マディー・ボウエン…ジェニファー・コネリー(ビューティフルマインド) 





「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」さんからの、今週の得だね情報!!」

・4/11(水)はレディース・デーで、女性の方は¥1.000均一です。

・4/13(金)大ヒット上映中の「ハッピーフィート」字幕が終了と成ります。
まだ御覧になっていない方はお早めに!

・全国に52劇場・412スクリーンを誇るワーナー・マイカルは、5/1(火)9スクリーン/1.639席、車椅子(バリアフリー)スペース18、また劇場内には館内空気浄化システム(ウイルスウォッシャー)を導入、e席リザーブなどのオンライチケットサービス等、快適な環境・サービスをご提供するシネコンを、近鉄京都線「高の原」駅前の、イオン高の原ショッピングセンター(148のテナントを有する大型SC)にOPENします。

2007年4/25(水)ソフトオープン 5/1(火)グランドオープンとなります。

是非、皆さん、また足を運んでみてくださいね!
ご贔屓に。宜しく!

ワーナーマイカルシネマズ西大和

 TEL0745-31-7171

(上映案内)0745-31-7172

(PC) http://www.warnermycal.com
(携帯) www.warnermycal.com/i

じゃ、またねっ!  


Posted by footstomp at 22:57Comments(0)